巻ばね機械

ピッグテールマシン
SP200M

装置概要

本機はコイルばねの一方の端末をピッグテール成形する機械です。 オペレーターによってコイルばねの成形機への挿入及び端末位置決めをします。 その後スタート操作することによって成形は自動的に行われます。 成形を終了したばねはオペレーターが機外へ取り出します。 ピッグテール部の形状はあらかじめプログラムされた順に 成形ジグを動作させることによって形作ります。 成形ジグはピッグテール部の形状に応じて取替を必要とします。 コンパクトなデザインによって前工程のコイリングマシンに より一層近付けて設置できるようにしてあります。

SP200M

構成一覧

ピッグテール成形機

仕様

製品仕様 線径 8~20mm
コイル外径 Max. 200mm
コイル内径 Min. 40mm
コイル高さ 200~600mm
巻方向
ピッグテール部巻き数 2.5 巻
サイクルタイム 6~12 sec.
(ピッグテール部巻き数による)