会社概要・沿革・組織図

会社概要

創業 1910年
設立 1952年3月31日
資本金 30,000,000円

代表者

代表取締役社長 森田 英嗣
従業員数 78名
本社 〒485-0051 愛知県小牧市下小針中島1-200 (アクセスはこちら)
東京営業所 〒108-0074 東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪ビル9F
TEL:03-6450-3848 FAX:03-6450-3895
事業内容
専用機の設計・製造販売
・ばね製造機械
(熱間コイルばね製造機械、冷間コイルばね製造機械、板ばね製造機械、
スタビライザーバー製造機械)
・電気電子部品製造機械
・航空機部品製造機械
・樹脂製梱包材製造機械
・その他各種専用機
工業製品の輸入販売
・スウェーデンTROAX社製安全柵
・フランスSTi社製安全ロックシステム
・その他各種専用機
・台湾SIMCO社製機械
関連会社 社名:昆山艾木夕弹簧设备有限公司(昆山モリタ)
住所:中国江蘇省昆山市周市镇黄浦江北路333号 (地図)
TEL:0512-83639241
FAX:0512-83639240

企業沿革

手動式熱間大型コイリングマシンモリタアンドカンパニーの社屋や工場が建つ敷地の片隅に、1台の手動式熱間大型コイリングマシンが置かれています。
この機械は、昭和初期に自社開発されたばね製造機です。製造されたばねは、大砲の衝撃緩和と鉄道車両、船舶等に使用されました。
この機械の誕生を機に、当社はプレス機械メーカーからばね製造機の専業メーカーへと大転換を図ることになったのです。

最新式のものと比べれば、武骨でどこか垢抜けていない印象ですが、この機械が当社の近代化の礎を築いたといっても過言ではありません。
昭和35年には現在地において新工場の建設に着手。
昭和40年代には、自動式ばね製造機を開発し、一気に世界市場へと踊り出ました。
そして、いまでは精密機械製造の分野にも進出を果たしたモリタアンドカンパニー。この古い機械に象徴されるのは、あくなき向上心にほかなりません。

1910年
森田鐵工所を創業
1952年 株式会社森田鐵工所に改組し、営業を継承
資本金30万円
資本金800万円に増資
1960年 名古屋市中区より小牧市に工場移転
1965年
ばね製造機械の製造を開始
資本金1100万円に増資
1966年 資本金1600万円に増資
1967年 工場増築
1972年 資本金2000万円に増資
1974年 初めての海外輸出(スペイン)
1976年 世界初のカセット式熱間コイリングマシンを開発
1977年 東南アジアへ板ばねプラント輸出
1981年 ヨーロッパへ板ばね・巻ばねプラントを輸出
1982年 管理・福利厚生棟完成
1985年 中国へ板ばねプラント輸出
1988年 北米へ巻ばねプラント輸出
1991年 モリタアンドカンパニーに社名変更
1997年
欧州代理店開設
オーストラリアへ巻ばねプラント輸出
1998年 精密装置開発及び販売開始
1999年 3次元CAD導入
2003年 TROAX社安全柵部門の日本総代理店となる
2004年
生産管理システム導入
スウェーデンTROAX社安全柵の輸入販売事業開始
2005年
塗装ブース完成
BOM(Bill of Material)による生産管理システム導入
2006年 新五面加工機(OKUMA:MCR-A5C)導入
2007年
資本金3000万円に増資
株式会社モリタエンジニアリングを合併
2008年
三次元座標測定機導入
台湾SIMCO社と冷間コイリングマシンを共同開発
2010年 エコアクション21認証取得
2012年 中国江蘇省昆山市に
「昆山艾木夕弹簧设备有限公司」(昆山モリタ)を設立
2013年 神奈川県川崎市に関東出張所を開設
2016年 東京都内(品川)に東京営業所を開設
(関東出張所移転)
2016年 フランスSTi社安全ロックシステムの日本代理店契約
及び販売開始

組織図

組織図